トップ

下請人の法律上の地位

建築請負において、請負人は更に下請人に建築を行わせることが多く見られます。法律上は下請契約を締結して行われます。建物建築が完了したが下請人が代金を受け取っていない間に請負人が行方をくらませた場合、下請人はいかなる主張ができるのでしょう。具体的には建物所有権を取得できないでしょうか。この点、判例上注文者と請負人の間で建物の所有権を完成後注文者に帰属させる旨の特約がある場合、下請人はこの特約に拘束されるとしています。下請人は請負人の補助人的立場にあることが理由とされています。しかしこの判例には相対効の原則に反するなど多くの法律上批判がなされています。

インプラント 高島平で治療をご希望の方にご紹介したいクリニックです。こちらでは、最新の治療のオールオン4インプラントシステムというのを導入しています。

売買契約と損害軽減義務

売買契約が締結されたにもかかわらず相手方が債務を履行しない場合、法律上債務不履行に基づく損害賠償請求をすることができます。その賠償範囲は一般的な考え方によれば相当因果関係の範囲内の通常損害の賠償が原則であり、債務者が予見可能であれば特別損害も賠償範囲に含まれるとされています(民法416条)。ただし債権者が損害賠償請求をすることができるとしても、指をくわえて漫然放置した場合賠償額を公平の見地から軽減できないか近年盛んに議論されています。これを債権者の損害軽減義務といいます。法律上損害軽減義務を定める明文規定は存在しませんが、信義公平の原則等を根拠として論じられています。

法律上の立場と契約の情報