トップ / 交通事故と弁護士相談

事故相談をプロにするメリット

交通事故の被害者になってしまうと、相手と示談交渉をして解決策としての損害賠償の内容を話し合わなければなりません。相手側は保険に付加されている示談代行サービスを使うので、通常では被害者と相手の保険会社との交渉となります。保険会社は示談交渉のプロですし、賠償金額は抑えたい立場なので安い金額を見積もって提示する可能性があります。そのまま合意しては被害者は損をしてしまうので、弁護士に相談するのが一番です。法律相談をして交渉を代行してもらえば、正当な金額で交渉してもらえ、被害者は交渉のわずらわしさから解放されます。

交通事故 弁護士の被害者になると、様々な交渉が必要となります。相手の保険会社との交渉には、交通事故を専門としている弁護士に交渉をお願いすると心強いですね。

交通事故での弁護士特約

交通事故の際、相手の言い分と自分の言い分がうまくいかず、非常に憤りを感じるケースもあります。事故の当事者同士が話しても、自分に有利な発言しかしないなど、揉めると時間もかかって大変です。そこで便利なのが、自動車保険の弁護士特約です。特約をつけることは、それほど大きな金額になりません。5%程度ということが多いです。この程度でいざという時に、スムーズな対応ができるなら安いものです。弁護士特約はおススメです。

交通事故で弁護士に相談するならこちらです。知っておきたい情報がたくさん載っています。解決までの流れ、賠償請求、後遺障害、事例などの解説がありますので役に立ちます。

法律上の立場と契約の情報