トップ / 法律を生活に結び付けて

法律を知れば身近で大切なもの

法律を学ぶと聞けば、誰でも難しいものだと真っ先に思い描くものでしょう。しかし、知っているのと知らないのでは生活の中での利便性と危険回避に大きく差が出てきます。知らなかったでは済まされない物ごとが実に多いのも事実です。知っていれば避けられた危険を、学ぶのが難しそうだし理解できないと決めつけて、初めから身につけようとしないのはもったいないことです。たとえば結婚をお考えの人にとっては、これから婚姻関係を結ぶという事ひとつとっても、法にのっとって届けを行うのです。当たり前に決められたことだと思っている物事も、その基には法律というものがあるからなのです。そう考えると生活のあらゆる場面で身近に感じることができるでしょう。

結婚と恋愛の法的な違い

法律として見た場合、恋愛関係は一時的な感情の結びつきによって構成されるもので、そこに法的な制約は存在せず一方の感情の変化により関係を解消したいと思った時には特別な責任を負うことなく解消することが可能です。しかし、結婚関係は恋愛関係の延長上にあるものですが、一方で法律で定められた契約関係でもあります。そのため、感情の結びつき以外にも法に基づいた社会的な制約や義務があり、もしも関係を解消しようとする時にはそれなりの話し合いや場合によっては費用がかかります。以上のことから二つの違いは、個人的な関係と社会的な関係ということになります。

法律上の立場と契約の情報