トップ / 法律の税法と処理について

経理に関する法律について

経理に関する法律で、最も重要なものは、税法です。税法は違反したからといって、刑務所に入ることはありませんが追徴課税などを課される場合がありますから注意は必要です。実務上、特に知っていなければならない法律は消費税法、法人税法、市民税法、所得税法などです。これらは、どこの企業でも必要なものだからです。他には、事業内容によって、知るべき法律上の税法も異なってきます。輸入会社などなら関税、お酒を取り扱うなら酒税、ガソリンを取り扱うな、ガソリン税、などにも精通していなければなりません。ただし、税理士事務所に業務代行を頼むことが可能なのでそれほど心配する必要はありません。

経理上の処理について

経理は企業の中でもお金に関することを取り扱います。法律に従った処理を行っていかなければいけません。お金に関することというのは細かい部分まで決められているのです。法を侵すような処理を行ってはいけません。そのつもりはなくても、法的に罰せられることになってしまうこともあります。監査の際に指摘事項を出来るだけ減らすためには普段から内部監査などを受けると良いです。また分からないことがあった場合には税理士に相談をするのも良いです。顧問の税理士を依頼しているところも多いので、法律上心配なところがあったらすぐに解決をすることが大切です。

法律上の立場と契約の情報